交通事故の場合因果関係が重要です。
例えばですが、車が足に当たったのに腕が折れたとかでは因果関係が認められません。
よくあるのが、低速でぶつかったのに異常な痛みを訴える場合です。
車同士の事故でバンパーが少し凹む程度の事故ではまず因果関係が認められる事はありません。
相当因果関係が認められる場合はある程度の速度でぶつかった。もしくはバイク対車だったなどが必要です。
事故にあったから出来るだけおおげさにして、慰謝料を多くもらおうという事はできないと考えてください。
また因果関係の証明として、事故にあった場合はすぐに病院で検査が必要です。
病院に行くのを先延ばしにすると後日痛みなどが発生した場合、因果関係を否定されてしまいます。
病院の検査もMRIは必須です。痛みの原因がヘルニアの場合、後日の撮影だと加齢によるもので事故とは無関係とされかねません。また因果関係で戦う際は自分一人では難しいです。専門的知識が必要になるので、弁護士を雇う事をお勧めします。
弁護士がいれば、因果関係の知識も豊富なので、様々な観点から因果関係の証明を考えてくれます。
因果関係が完全に否定されてしまうと慰謝料自体も発生も難しくなり、治療も早々に打ち切りされてしまいます。
その様な事にならない為にも早め早めの対応を心がけましょう。万が一先に示談をしてしまうとそこから弁護士を雇っても覆す事は相当難しくなります。安易に因果関係を否定されたからと言って、示談の印鑑を押すのは止めましょう。
弁護士の費用が出せない場合は法テラスを利用するもしくは後払い可能な弁護士を探しましょう。
費用が払えないため、示談すると余計にもらえる慰謝料も少なくなってしまいますので、注意が必要です。