自動車を運転していますと、自動車事故のリスクは常に負うことになります。その中でも重大な事故となりかねないものが、踏切における事故です。踏切における自動車事故の大半は、踏切内で自動車が立ち往生してしまい、踏切内で遮断機が降りてしまった状態となって自動車と列車が衝突するというものです。未然に事故を防ぐ方法としては、まず、踏切に進入する前に、踏切を渡り切った先の道路に、自分の自動車1台分以上の間隔が空いていることを確かめることです。自動車1台分以上の間隔が空いていることが確認できましたら、安全確認をした後に一気に踏切を通過します。そして遮断機よりも外側へ出られるようにします。これが未然に防ぐ注意事項の一点目です。二点目は、安全確認をしっかりと行うということです。踏切事故の多くは、無理な横断によるものが多いです。それにより、遮断機が降りてしまい、踏切内で立ち往生して列車と衝突してしまうというケースです。近年の踏切は非常に高性能なもので、列車が踏切を通過するかなり手前から遮断機が降りるようになっています。ですから、安全確認をしっかりと行っていれば、踏切内で遮断機が降りて立ち往生することは無くなるのです。

このように、未然に事故を防ぐように心掛けていても、自動車に予期せぬトラブルが発生し、踏切内で止まってしまい、遮断機が降りてきてしまうケースがあり得ます。そのような時は、冷静さを失わないことが大切です。迅速に車から降りて踏切の非常ボタンを押すことが大切です。ボタンを押すことで、列車は自動停止するようになっていますので、列車との衝突を避けることが出来ます。
これらの事を日頃から心掛けていれば、踏切における事故を防ぐことが出来ます。