交通事故で怪我をしたら、会社を休んだり、病院に行ったり、とても日常生活に不便を感じます。
事故前に就業していれば、仕事を休んだ分給与が減れば、休業補償をもらえます。
しかし、被害にあったあとは、病院に行ったり、普段は使わないタクシーをたくさん使わずにはいれなかったり、痛み止めのために色々な出費をしたり、何かとお金がかかります。
なのに事故前と同じ給与の補償だけだと、どうしてもお金に欠乏した状況となります。

そんなとき、加害者の加入する保険会社は治療費を直接病院に払ってくれるので、少し助かります。でも、これは保険会社にとって義務ではないため、場合によっては加害者側の保険会社が治療費を出してくれないこともあるでしょう。

そんなときはすぐに交通事故に詳しい弁護士に相談すべきですが、そうでないケースでも、交通事故で怪我をした場合は弁護士に相談すべきであることは、そんなに知られていません。

今の交通事故賠償制度は被害者に不利な運用がまかり通っています。困ったら、自分だけで戦わず、誰かに相談をして一緒に解決をしていきましょう。